SBS GROUP

ニュース(年別アーカイブ)

リコーロジスティクスがAEO制度における特定保税承認を取得

事業情報 ) | 2014年12月13日


12月10日に実施された承認書授与式にて
(左から)リコーロジスティクス株式会社 代表取締役 社長執行役員 若松 勝久、東京税関 税関長 青木 一郎様




 リコーロジスティクスが11月19日付けで、東京税関より、AEO制度 特定保税承認者承認を取得しました。今後は、国際ロジスティクスセンター(神奈川県横浜市)を「特定保税蔵置場」として運営し、より一層セキュリティーの整ったサプライチェーンの提供を行っていきます。

 AEO制度は、貨物のセキュリティー管理と法令順守の体制が整備された事業者に与えられる税関制度の1つで、税関手続きの緩和や簡素化が実施される制度です。
 この制度は、2001年アメリカ同時多発テロ以降、国際物流におけるセキュリティー確保と効率化の両立が国際的な課題となったことに端を発し、世界税関機構(WCO)が採択したSAFE「基準の枠組み」において制度の指針が定められ、アメリカを始めとした世界各国で同様の制度が導入されています。
 AEO制度の承認を受けることで、高コンプライアンス・高品質・高セキュリティーの企業として広く認められると共に、諸手続きの緩和などにより、リードタイムが短縮になるなど、お客様へ提供できるサービスの質も向上します。

 リコーロジスティクスは、国際物流事業を始めとして全ての物流事業において、高品質で、お客様の信頼にお応えできるサービスを提供していきます。

エコドライブ活動コンクールで過去最多14事業所が表彰

CSR情報 ) | 2014年12月04日

 公益財団法人 交通エコロジー・モビリティ財団様が主催する「エコドライブ活動コンクール」にて、リコーロジスティクスグループ過去最多数となる14事業所が、11月19日付けで入賞及び認定証授与を果たしました。
 リコーロジスティクスグループは、本年度コンクールで、表彰された事業所の最も多い企業となっています。

 このコンクールは、エコドライブに対する活動が審査され、環境負荷低減に優れた貢献を行う事業所や企業が表彰されます。
 2014年は、事業部門435件のエントリーの中から、40事業所が入賞、他66事業所が認定証授与を果たしています。

 リコーロジスティクスグループでは、2008年から同コンクールにエントリーして以来、7年連続で表彰。エコドライブ活動の向上と共に、表彰事業所数を増やし、昨年度に表彰を受けた6事業所の好事例水平展開などを実施し、本年度は大きく表彰事業所数を増やしました。

 今後もリコーロジスティクスグループは、エコドライブ活動に力を入れ、環境負荷低減に貢献し続ける企業を目指していきます。





このニュースの続きを読む

東京都心に隣接する物流センター川崎をオープン

事業情報 ) | 2014年11月05日

 リコーロジスティクスは11月4日、物流センター川崎をオープンさせました。

 物流センター川崎は、神奈川県川崎市に立地し、リコー製品を中心とした保管や出荷、キッティングを行う拠点として設立されました。約18,300m²の敷地で、国内、海外の入庫製品対応を行っていきます。また、神奈川県川崎市内という都心に近いことから、好アクセスを活かした事業を展開予定です。

 リコーロジスティクスは、物流センター川崎で、今まで以上にお客様の信頼に応える安心・安全、確実な物流を行っていきます。



【物流センター川崎】
住所:〒210-0856 神奈川県川崎市川崎区田辺新田1-3
TEL:044-330-6010
敷地面積:18,272m²
延床面積:27,924m²
建物構造:鉄骨5階建て

三愛ロジスティクス[関西] 優良自動車運送事業者として表彰

事業情報 ) | 2014年10月30日

 三愛ロジスティクス[関西]が10月24日、国土交通省 近畿運輸局様から「優良自動車運送事業者」として表彰されました。近畿2府4県の中から、三愛ロジスティクス[関西]を含めて24事業者が大阪府合同庁舎で行われた表彰式に出席し、表彰状を授与されました。

 この表彰制度は、道路交通法を順守し、良質な運送サービスを提供する企業の内、1年以上事故を起こしていないことや地球温暖化対策など、7つの基準で審査され、環境・福祉対策、地域活動などに積極的に取り組み、社会的貢献を果たす企業に授与されるもの。同制度は、2001年から設けられ、一部を除き、個人を表彰する制度しかなかった設立当初、企業そのものが優良であると認めた全国で初めての制度です。現在は、全国各地で、同様の制度が設けられています。

 三愛ロジスティクス[関西]、並びにリコーロジスティクスグループは、今後も法令順守を始めとして、優良な物流事業者として積極的に諸活動に取り組んでいきます。

2014日本パッケージングコンテスト「適正包装賞」を受賞し、4年連続の入賞へ

事業情報 ) | 2014年09月25日

 リコーロジスティクスの「段ボールバルク包装」が、8月27日付けで、公益社団法人 日本包装技術協会様が主催する「2014日本パッケージングコンテスト」にて、適正包装賞を受賞しました。今回で、同コンテストへ4年連続の入賞となります。

 このコンテストは、優れたパッケージングとその技術を開発・普及することを目的に開催され、機能性、環境適合性などの11基準で審査します。今回は、354件の応募の中から13件のジャパンスター賞、38件の包装技術賞、69件の包装部門賞が選定。リコーロジスティクスは、優れたノウハウを活かし、包装機能を向上させたパッケージに贈られる包装技術賞のうち、適正包装賞を受賞しました。

 受賞した「段ボールバルク包装」は、リサイクルができる段ボールを用い、大量の粉状の製品を輸送できるようにした包装材。通常、粉などの「流体物」と呼ばれる製品の包装材は、強度維持の関係上、ドラム缶など、リユースできる環境でなければコストが高くなる素材で開発されていますが、リコーロジスティクスは、包装構造を工夫することで強度を維持しています。単なる四角枠の段ボールでは、内容物を入れると圧力がかかり、膨れて段ボールが折れますが、四角枠の中に筒状の段ボールを組み込むことで、圧力を分散させ、段ボールの膨れを起こさずに、安全な輸送を可能にしています。また、オール段ボールのパレットと胴枠は、折り畳みが可能で、強度を安定させながら、保管に場所を取らないよう設計。段積みも可能な段ボール包装材を実現したことが、高く評価されました。

お問い合わせ

SBSリコーロジスティクス
営 業
03-4214-5520

受付: 平日 9:00 - 17:45

物流サービスについて
お電話でのお問い合わせ
SBSリコーロジスティクス 営業
03-4214-5520

受付:平日 9:00-17:45

このページの上へ戻る