SBS GROUP

先輩社員紹介(貿易実務)

貿易実務担当の先輩社員


貿易実務

2012年入社
法学部 法律学科 出身



※個人情報保護の関係上、氏名の表記は控えさせていただいております

インタビュー

  • この会社を選んだ理由は?
  • 元々物流業界に興味を持ったのは、学生時代に海外へ語学留学を行った際に、家族が送ってくれる小包がきっかけでした。 慣れない土地で、家族からの小包が届くとやはりホッとしましたし、開けるときは「何が入っているんだろう?」といつも嬉しかったことを覚えています。 日本から、海外へ荷物が届くことで、私のようにホッとしたり、嬉しくなる人がいるんだろうなと思い、就職活動では国際物流業界を志望しました。
    色んな企業を見ていく中でリコーロジスティクスに惹かれたのは、アットホームな社風。選考中に開催された先輩社員交流会では皆さんイキイキと楽しく仕事をしていること、また自分の仕事にやりがいを持っていることが、ひしひしと伝わってきました。 実際に入社してもその印象は変わっていません。
  • 現在どんな仕事にたずさわっていますか?
  • 主に海上貨物の輸出オペレーションを担当しています。お客様がいつ、どこに荷物を届けたいのかなど、希望に沿ったスケジュールで出来るよう、船会社へのコンテナスペースの予約や船の遅延情報提供、それから船荷書類の作成などをおこなっています。 遅延などで、予定をしていた船に積載が出来ないと、お客様の工場のラインが止まってしまったり、予定していたお仕事が出来ないなど、大きな損害へ繋がってしまう恐れも十二分に含んでいるため、海外との連携を密に取りながら、トラブルが起きないためにサポートをしています。
    海外とのやり取りは基本的に英語なので、日々海外に触れることができたり、学生時代に学んだ英語が活かせていると思います。
  • やりがいや醍醐味、心がけている事は何ですか?
  • 海の天候は、予測が難しいもの。地域や時期によって大幅に変わり、船の出航が出来ない場合や、積載を予定している船が大幅に遅延することがあります。 国内での遅延は無くても、既に出航し、日本の港で荷物を積載する予定の船が遅延し、このままでは現地への納品が大幅に遅れてしまうという、トラブルが起きそうになりました。
    そんな中、現地や他の船会社との連絡を密に取り、遅延もなく予定通りに運行している船へと積載をすることで、トラブルを防ぐことができました! そのような時は特に、船の動静や天候状況などをよく確認し、お客様に最新の情報を提供できるように心がけています。
  • 就職している学生さん達へアドバイスを一言!
  • 大学の専攻は法律で、今の仕事とはあまり関係の無いものでした。色々な経験を経て、自分が関わりたい仕事を考えた時に、物流業界がありました。
    就職活動は、自分の将来のビジョンを再考出来る良い機会だと思うので、専攻でとらわれず、幅広い業界の情報を収集し、本当に自分の興味のあることを探すことが大事だと思います。
 

お問い合わせ

SBSリコーロジスティクス
採 用
03-5449-1213

受付: 平日 8:45 - 17:30

このページの上へ戻る