SBS GROUP

先輩社員紹介(物流技術開発)

物流技術開発担当の先輩社員


物流技術開発

2012年入社
経済学部 国際経営学科 出身



※個人情報保護の関係上、氏名の表記は控えさせていただいております

インタビュー

  • この会社を選んだ理由は?
  • 私は、物流業界に絞って就職活動をしていました。 物流業界に絞った理由は、認知度が低い、人気が無いというイメージがあり、競争倍率があまり高くないのではないかと思い込んでいたからです(笑)。
    もう一つの理由は仕事内容です。 物流は品質と効率を両立させることが重要ですが、それを実現するために様々な工夫がされています。 無駄のない動きが出来るように倉庫内のレイアウトを考えたり、システム面ではハンディを使って検品することで時間をかけずにミスができない仕組みを作るなどなど。仕事内容を知るにつれて、「物流ってすごい!」と感心しました。
    物流業界の中でもこの会社を選んだのは、先輩社員と交流する機会があり、その印象がとても良かったからです。 「ここなら私はやっていける」と思うことができました。
  • 現在、どんな仕事を担当していますか?
  • 私は、配車業務の自動システム化について特に力を入れて取り組んでいます。
    配車業務は、どのトラックに何の荷物を積むかを決める仕事。 現在は人間が考えて決めているため、拠点で1日あたり約4時間の業務負荷がかかっています。 人が配車について考える時間を、可能な限りシステムに自動処理させ、業務負荷を8割削減するのが大きな狙いのひとつです。なんとか成功させて、現場の負荷を減らすことができるよう努力しています!
    LT(物流技術)の仕事の魅力は2つあります。 一つは、自分で考えたシステムが最後の導入時には形になること。 もう一つは、毎回違う仕事内容なので刺激的なところです。 現場でも、システム開発でもないので少し理解しにくいかもしれませんが、とても重要な職種なので説明会ではぜひ質問をしてくださいね。
  • 今までの仕事を通じて自信につながった事はどんなことですか?
  • 一つの目標に向かってチームで仕事をする。
    入社3年目、現在の部署に異動してから最初の仕事は「在庫管理システム切替」でした。 私はこの案件を通してチームワークの重要性を感じました。新しいシステムを構築するには様々な人が関わります。 システムを開発する人、システムを使う現業区の人、私のように異動したばかりで仕事が全くわからない人など、 様々な人が一つの目標に向かって一緒に仕事をしなければなりません。これは想像するよりも非常に難しいことです。
    この案件の時はシステム切替を成功させるためにメンバーがお互いのことを理解し、お互いに協力。 結果的に問題なくシステムの切替を完了することができました。 私がリーダーになって仕事をするようになったら、この案件のようなチームを作るのが目標です。
  • 就職している学生さん達へアドバイスを一言!
  • 入社して仕事をしてみないと職場の雰囲気であったり、仕事の内容はわからないというのが私の本音です。 ただ、自分のイメージと入社した際のギャップを小さくすることは、努力次第で出来ると考えます。
    説明会に行けばその会社の一部分ではありますが雰囲気を感じることができますし、企業HPや業界の仕事内容を見ればある程度の仕事内容はわかるはずです。
    あとは気楽にやってください(笑)。 追い詰められると自分の良いところがアピールできませんよ!

お問い合わせ

SBSリコーロジスティクス
採 用
03-4214-5503

受付: 平日 9:00 - 17:45

このページの上へ戻る