SBS GROUP

先輩社員紹介(IT・企画開発)

IT・企画開発担当の先輩社員


IT・企画開発

2012年入社
海洋工学部 流通情報工学科 出身



※個人情報保護の関係上、氏名の表記は控えさせていただいております

インタビュー

  • この会社を選んだ理由は?
  • 大学の専攻をきっかけに、物流業界を就職活動の一候補としていました。 また、研究室や部活動の先輩でSBSリコーロジスティクスに就職したOBが多く、どんな私生活を送っているか(休暇取得や残業時間などワークライフバランス)を感じ取ることができたことで、仕事と私生活の両立が可能な残業時間であると判断しました。
    更に、リコーグループの物流を担っていることで会社としての安定性を担保するだけではなく、グループ事業にだけ頼らず、一般顧客シェアを拡大しようとしていたことから、将来性もあるのではないかと感じました。
    総合的に、一番違和感が無かったのが、SBSリコーロジスティクスでした。 入社しても、間違いなかったと思います。
  • 現在どんな仕事にたずさわっていますか?
  • 社内の貿易システムに関わる業務を担当しています。
    SBSリコーロジスティクスでは海外との物流も行っており、輸出入を管理するものや輸出先企業の管理などの貿易業務システムなどを日常の業務で使用するユーザーからの改善依頼や、その先にいる荷主さまからの要望に対して、なぜ対応が必要なのか、対応することでどんな困りごとを解決することができるのか、依頼者の方へヒアリングをしながらシステム改修を行っています。
    貿易業務と一言で言っても社内外の複数システムが連携していたり、さまざまな国の法律(税関)が関係したりと貿易の業務はまだまだ分からないことが多く、日々新たなことを学んでいます。
  • 担当している仕事の“面白み”はどんなところにありますか?
  • 対システムだけではなく、人と仕事できることに嬉しく思います。
    SBSリコーロジスティクスには貿易、倉庫、請求、人事・会計など業務に合わせたシステムが使用され、業務によって使用するユーザーや依頼内容、スピード感は様々です。
    請回収システムでは依頼課署・荷主で対応内容が完結することが多く、直接、依頼者と確認・整合を取れるのでスピード感を持った依頼内容を進められました。 貿易システムでは1つの依頼であっても、複数システムでデータ連携していたり、複数の課署に影響が及ぶ依頼も多くあり、確認や調整に時間がかかることも多いです。
    2領域を比較しても、システムを取り巻く環境が異なれば、依頼内容に対する進め方も異なるので、様々な考慮は必要ですが、システムを使用している方と一緒に業務改善できることは有難く思います。
  • 就職している学生さん達へアドバイスを一言!
  • 就職する企業に求めるもの、仕事をする自分の将来像は人それぞれだと思います。 就職活動中に感じる企業のイメージと就職後に感じる企業のイメージは少なからずギャップがあると思うので、仕事だけではなく、休日や業務終了後もイメージして、就職した後に感じるギャップが自分で受け止めきれる範囲内のギャップに留められるように、就職活動中に感じ取る企業のイメージをより正確に捉え、自分にあった企業と出会えるよう祈っています!
 

お問い合わせ

SBSリコーロジスティクス
採 用
03-5449-1213

受付: 平日 8:45 - 17:30

このページの上へ戻る