SBS GROUP

ドレージ輸送

国内主要港で安定的に車両を手配
ラウンドユースでコンテナ不足を解消

ドレージ輸送 海外から日本に届いた海上コンテナを、港で開梱せず、そのまま目的地まで運ぶためにはトレーラーやトラクタといったドレージ車両が必要となります。近年、日本ではドレージ輸送に対応できる運送会社の数や、ドレージ車両のハンドルを握れるドライバーの数が減少傾向にあり、ドレージ輸送の手配が困難になりつつあります。車両を確保できず、通関済みのコンテナ貨物を迅速に引き取れないことが、その後の円滑なビジネスの妨げにもなっています。

ドレージ輸送 長年にわたってリコーグループの輸入物流を手掛けてきた当社は、日本国内の数多くのドレージ輸送会社と強固な協力関係を構築してきました。そのため、ドレージ不足が深刻化する昨今の環境下においても、安定的な車両の確保を実現しています。メーンの京浜港のみならず、名古屋港、大阪・神戸港、福岡港など国内の主要貿易港をカバーできるドレージ輸送ネットワークを整備することで、お客様の利便性向上を図っております。

輸入で使用したコンテナを荷卸後、港にいったん返却するのではなく、輸出用コンテナとしてそのまま利用する「ラウンドユース」にも対応しています。ラウンドユースには、空の状態であるコンテナを港に戻すための“ムダ”な輸送の削減、コンテナ不足の解消、CO2排出量の抑制といった効果が期待できます。

ドレージ輸送 国内の港に到着したコンテナを目的地まで運ぶ手段としては、ドレージ車両による陸送のほか、鉄道輸送(JR貨物)もご利用いただけます。また、到着港から目的地の最寄り港までを船舶で横持ちするフィーダー輸送をご活用いただくことも可能です。

 

お問い合わせ

SBSリコーロジスティクス
営 業(国際)
03-5449-1296

受付: 平日 8:45 - 17:30

このページの上へ戻る