SBS GROUP

包装試験サービス

振動、衝撃、落下、圧縮、耐湿をチェック
輸送や荷役の条件を再現する専用装置

包装試験サービス お客様に納品する製品が輸送中に破損しクレームが発生している。この問題を解消するためには、どのくらいの強度の包装材や緩衝材を使用すべきなのか。社内には専門的な知識を有するスタッフやノウハウがない———。このようなお悩みを抱えているお客様に対して、当社では「包装試験サービス」の活用をご提案いたしております。このサービスでは、様々な専用装置を用いて、輸送や荷役のシーンを再現。お客様の製品が適正に包装・梱包されているかどうかを確認できます。

主な試験内容は、①輸送中の振動(水平および垂直方向)を再現する「振動実験」、②輸送中や荷役中に想定される衝撃(水平および垂直方向)を再現する「衝撃・落下実験」、③圧縮荷重による耐圧強度を確認するための「圧縮試験」、④資材等がどれだけの湿気に耐えうるかを確認する「耐湿試験」———など。三方向切替式振動試験装置、自由落下試験装置、水平衝撃試験装置、圧縮ひずみ試験装置、垂直衝撃試験装置、材料調湿装置といった設備を使用して試験を行っております。

試験設備

三方向切替式振動試験装置
三方向切替式振動試験装置
振動台寸法
1,500×1,500mm

振動数範囲
3~200Hz(ランダム)

供試品最大質量
350kg

自由落下試験装置
自由落下試験装置
設定落下高さ
250~1,200mm

供試品最大寸法
1,000×720×1,000mm

供試品最大質量
70kg

水平衝撃試験装置
水平衝撃試験装置
供試品最大寸法
1,220×1,220×1,190mm

供試品最大質量
350kg

圧縮ひずみ試験装置
圧縮ひずみ試験装置
最大荷重
±75kN(動的±50kN)

供試品最大寸法
1,200×1,200×1,300mm

垂直衝撃試験装置
垂直衝撃試験装置
衝撃台寸法
1,050×1,050mm

供試品最大質量
350kg(大型)

材料調湿装置
材料調湿装置
温度範囲
15~40±2℃

湿度範囲
40~90±5%RH(室内平均) (at20~+40℃)

室内寸法
2,700×3,600×2,700mm

試験設備の詳細情報はこちらよりご確認下さい。
試験場所は株式会社リコー 大森事業所(東京都大田区)になります。

包装試験サービスの流れ

包装試験サービス

当社ではお客様に代わって各種試験を実施するだけでなく、試験結果を踏まえた包装改善、輸送や荷役の現場改善についてもサポートさせていただいております。お客様の製品特性に合った“包装のあるべき姿”を、包装関連の有資格者(当社スタッフ)を通じてご提案するとともに、新たな包装仕様の設計、開発、資材提供までに対応いたします。

充実した設備と装置によって、電子部品のような小型製品からパレットサイズの製品までをカバーできる当社の「包装試験サービス」を、是非一度、ご活用ください。

お問い合わせ

SBSリコーロジスティクス
営 業
03-4214-5520

受付: 平日 9:00 - 17:45

このページの上へ戻る