SBS GROUP

物流事例:オフィス通販会社様

伝票類の発行・仕分けを自動化
「ビジュアル検品」で誤出荷ゼロへ

オフィスからもネット注文が当たり前に 取り扱いアイテム数は約4万。繁忙期には1日当たりの注文処理件数が2万件を超えることもある、お客様(オフィス通販会社様)の物流センターでは、納品書をはじめとする各種伝票類の発行や仕分けといった作業をマンパワーで処理していました。膨大な量となる同作業には手間や時間が掛かることはもちろん、出荷する商品と納品書が一致しない同梱ミスが発生しやすいといった問題点を抱えていました。また、検品作業では、複数の商品が入っている外装箱と個装箱に同一のJANコードが印字されている場合、出荷の数量を間違ってしまうこともありました。

物流事例:オフィス通販会社様|庫内作業の自動化

自動搬送ラインで高生産性実現 バラ単位での荷揃え・出荷が基本となる通販は、多頻度少量物流への対応が求められる業種の1つです。迅速かつ正確に、そしてローコストでのセンターオペレーションを展開するためには、作業の自動化に取り組むことが欠かせなくなっています。そこで、当社ではまず、煩雑な納品書の発行・仕分け・同梱の作業を自動的に処理する仕組みをご提案・導入いたしました。

コンベアで搬送されてきたオリコン
(黄色)へ上から納品書を自動投入
具体的には、ピッキングなど荷揃えの済んだ商品が入ったオリコン(折り畳みコンテナ、バケット)を、納品書を発行するプリンターの下までコンベヤで搬送。印刷された納品書が自動的にオリコンに投入される仕組みを構築しました。それによって、納品書の発行・仕分け・同梱作業を無人化しました。

物流事例:オフィス通販会社様|庫内作業の自動化

モニター画像で検品精度をさらに向上 一方、検品作業では、従来からのバーコード検品に加え、「ビジュアル検品」を取り入れました。これは検品ラインごとに設置したモニターに、バーコードをスキャンすると映し出される商品の画像や取り扱い上の注意事項などを、作業スタッフが目視で確認できるという仕組みです。「バーコード検品」+「ビジュアル検品」の二重チェック体制で検品の精度をより高めていき、誤出荷ゼロの実現を目指しています。


 

お問い合わせ

SBSリコーロジスティクス
営 業
03-5449-1401

受付: 平日 8:45 - 17:30

このページの上へ戻る